アクセス解析
レンタル掲示板
LIVEに行こう♪: Skoop On Somebody

2007年07月30日

20070719Skoop On Somebody@逗子 OTODAMA

【setlist】

Gのブルース(即興?)
Sha la la
Don't Know Why
Close to You
時計
Nice'n Slow
バラ色
Everlasting Love

EN.
Banana Pancakes(Jack Johnson)
少年時代(井上陽水)

070719_skoop@otodama.jpg
(マネージャー氏の日記にもこれと同じ角度からの写真が出てました。偶然!)


続きを読む
posted by 末摘花 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20070717Skoop On Somebody “Premium meets Premium”@朝日浜離宮ホール

【setlist】
〜波の音〜
上を向いて歩こう(アカペラ)
Sha la la(アカペラ始まり)
線香花火
Amanogawa
冬メドレー(w/violin)
 Smile Again
 eternal snow
 My Gift To You
KO−ICHIROソロ(I'll Be There)
洋楽カバー
 Don't Know Why
 Close to You
 SHE
 Can't Buy Me Love
KO-HEYパーカッションソロ
〜TAKE&KO-ICHIROパーカッションと今野氏violinでセッション
Around the world
バラ色
M.F.S.B

En.
ama-oto
祈り(オフマイク)

続きを読む
posted by 末摘花 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20070701 Skoop On Somebody“Best Hit S.O.S”@C.C.Lemonホール

【setlist】
壊したい
琥珀の月
a tomorrowsong

Amanogawa
still
線香花火

Winter songメドレー
 smile Again
 eternal snow
 My Gift to You

Nice'n Slow
Tears of JOY
潮騒

How We Do It!!!
バラ色
happypeople
僕が地球を救う〜Sounds of Spirt〜

sha la la
Everlasting Love

En.
さよならの生まれた場所
No Make de On The Bed
Superstition

続きを読む
posted by 末摘花 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

20070221 Skoop On Somebody 10周年記念FCイベント@STUDIO COAST

めちゃめちゃ遅くなったから簡単に…
でもすっごく楽しくて幸せだったよ〜このイベント。

お友達に便乗して応募、結果 なかなかすばらしい整理番号をいただきました。
しかし、当日FC会員証を忘れた私。
仕事の帰りに一度家に帰ったら間に合わないので、事務局に問い合わせてみたら、一旦電話を切ってご検討くださり、受付に引き継ぐという丁寧な対応をしていただきました。(でもちょっと引継ぎできてなさそうだったけど、私としては結果おーらい)
会員証の確認など、なかなかキッチリした対応&誘導ですね〜amuseさん。これからは私もしっかりします。

アトランダムに渡されたチケットに書いてある席へ行くと超近い!
こんなに近いライブ、SKOOPじゃ3年ぶりか?
しかもKO-HEYサイドで、ワタクシうれしゅうございました。


さぁさぁ いよいよ10周年記念FCイベント
“おつかれさん北ちゃん! いらっしゃい池ちゃん!!”
がスタートです。

続きを読む
posted by 末摘花 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(1) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

20061225 Skoop On Somebody Christmas Edition@中野サンプラザ

もはや恒例となったSkoopのクリスマスライブ。
私もこれがないと、なんとなくクリスマスを過ごしてる気がしなくなってきました。
毎年趣向を変えて楽しませてくれます。
昨年は“武道館”という大舞台で、大人数でのステージでした。
今年は中野に帰ってきてどんなライブを?と思っていたら、イベントライブで「3人だけでやるよ」とポロッと言ってしまったKO-HEYさん。
“3人だけ”といっても、どの程度3人だけなんだろう?

【setlist】
HOW WE DO IT!!!
NO MAKE DE ON THE BED
Sing A Song
Actor
around the world
happy peaple

ドラムソロ
運命(SE)
KO-ICHIROソロ(ジュピター)
赤鼻のトナカイ

クリスマスメドレー
LET IT SNOW
〜THE CHRISTMAS SONG
〜Last Christmas
〜HAPPY CHRISTMAS
SOUNDS OF SNOW

時計
さよならが生まれた場所
サヨナラcolor

sha la la
〜バラ色
〜MFSB
〜SexMachine
〜MFSB

My Gift To You

EN.
Song#1
街に愛があふれて



続きを読む
posted by 末摘花 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

20061111 Skoop On Somebody@原宿QUEST HALL

oricon Sound Blowin'〜autumn〜のスペシャルゲストでご出演。
春にもoriconのライブはありまして、その時も行ったんですが、その時は比較的余裕があったんです。
ところが今回は「入れない!?」と焦るほどいっぱいのお客さんでした。
人と人の隙間に体をそーっと滑り込ませるようにして入り、最初は後ろの方から観てました。
ところが、2組終わったところで、MCの方が「入れない人がいるみたいなので、すこーし詰めてください」と言ったら、待ってましたとばかり弾丸のように突っ込む女子たち・・・
そんな人波にもみくちゃになりながら、あっという間に会場の半分くらいのところまで前進。
なんだ、そんなに空いてたの?^_^;
おかげさまでステージがとても近くなりました(^^♪


ということで、まずは出演者。

マルガリマイク
PLASTIC
蝉時雨
FAR EAST RHYMERS
カルテット

サプライズゲスト:AAA
スペシャルゲスト:Skoop On Somebody
MC:POISON GIRL BAND



【setlist】・・・Skoop On Somebodyのみ
サヨナラCOLOR
What You Won't Do For Love
時計
ama-oto
sha la la


club S.O.Sでした。


MCのPOISON GIRL BANDは吉本の芸人さん。
金八ヘアの人と背の高い人のコンビ。
春のライブのMC・ダイノジの域にはまだまだでしたが…がんばれ!

一番手はマルガリマイク。
2DJ、3MCのHIPHOP。
MCの一人は、ラッパーらしからぬ清潔感のあるイケメンくんでした(笑)

PLASTIC。
4ピースのロックバンド。
ロックといってもメロディはポップな感じでしたね。
ドラムが目を、耳を引いた。

蝉時雨。
ドラム以外は、見た目は地味な普通の大学生風。
ドラムくんだけ、立派なアフロだった。
ポップスバンドでした。

FAR EAST RHYMERS。
京都からやってきたHIPHOPグループ。
1DJ、2MCなんだけど、MCの一人は1曲鍵盤も弾いてました。
その人の声はとーってもソフトで意外だった。

カルテット。
名古屋からやってきたHIPHOPグループ。
1DJ、3MCなんだけど、DJくんは鍵盤も弾いてた。
3曲目にやった曲のトラックは、ベースがいい感じで、私にしては珍しくトラックがイイ!と思いました。
それと、MCの一人が、久保田利伸に似ていてね〜ついつい観察してしまいました^_^;

さぁ、サプライズゲスト:AAAの出番。
男女混合グループだからか、ファンも男女混合。
きゃーーーーきゃーーーーーというまっ黄色な声がとどろく。
メンバーは激しく踊り、歌う。
その手のフリを真似するファン、激しくジャンプするファン、メッセージボードを掲げるファン、サイリウムを振るファン・・・大賑わいでした。
「こんなにお客さんと近いライブは久しぶり」だそうで…そりゃファンも熱狂するよね。


さぁーてお待ちかねのSkoopですが、この若々しい雰囲気の中、最低でも10才、下手したら20才ほども年上の3人&そのファン。
あまりのコントラストの激しさにステージの上も下も戸惑い気味;(笑)

続きを読む
posted by 末摘花 at 02:57| Comment(6) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

20061028 武田雅治Premium Live@SonyMusicライブテリア

Skoop On Somebody Vo.TAKEこと武田雅治のソロ作品『恋歌』のCD特典のライブに行って来ました。
武田雅治PremiumLive招待.jpg

【setlist】
思いがかさなるその前に
くるみ

心ひとつ
サヨナラCOLOR
永遠にともに

en.
新大阪


サポート
 中島信行(pf)
 ユズル(sax)
 TOSH (g&track)


初めて足を踏み入れた乃木坂のSony Music。
なんかそれだけでワクワクするんだから困ったもんだ^_^;
妹も行ったんだけど、彼女なんか「記念に行ってくる」と言ってトイレへ。
出てきたところでニット帽をかぶったリーダーと思しき人に会ったってルンルン♪しておりました(笑)



続きを読む
posted by 末摘花 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

20060727 SOUL POWER TOKYO SUMMIT2006@代々木体育館

出演アーティスト:Skoop On Somebody、ゴスペラーズ、ゴスペラッツ、三浦大知、ダンス☆マン 他

【setlist】(Skoopのみ)
ぼくが地球を救う
Nice'n Slow
A Song For You
Soul River


時間割的にゴスペラッツとゴスペラーズのためのイベントって感じでした。
続きを読む
posted by 末摘花 at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

20060526・27 Skoop On SomebodyLive in Performance Pianoforte@中野サンプラザ

2月に発売された久しぶりのアルバム『pianoforte』を引っさげて、久しぶりのツアーライブ。
このアルバムはかなり気に入ってるので、今回のライブもとても楽しみにしておりました!
東京公演は5/26・27の2日間、中野サンプラザで。2日間とも参加してしまいました。
いいライブでした!
大満足です!
笑いあり、涙あり、他にもいろいろあり?な、SKOOPに期待していることをちゃーんとやってくれた大満足のライブでした!
これからまだ名古屋・宮崎・福岡とライブは続きます。

ココから先はネタバレになります。

見たくない人はココから先は読まないように…お願いします。
そして期待でワクワクしてライブに参加してくださいませ。

それとこのレポ、特にMCは1日目と2日目とごっちゃまぜですので、ご了承くださいm(__)m









6/13ツアーファイナルまではネタバレ注意
posted by 末摘花 at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

2005 12/26 Skoop On Somebodyクリスマスライブ@武道館

8月にチケットを入手してから、本当に長かった。。。
やっと、この日が来ました。
期待と不安が半々&世の中はクリスマスの飾りを片付けていてもなお、クリスマス気分をキープして武道館にむかったのでした。
051226Skoop@武道館.jpg

【setlist】
祈り
around the world
This Christmas
eternal snow
Sounds of Snow
sha la la
キミノユメヨカナエ
時計 (club S.O.S.)
ama-oto (club S.O.S.)
もう一度夜をとめて (club S.O.S.)
My Hometown
soul river
バラ色
happypeople〜Oh Happy Day
街に愛があふれて・・・
Everlasting Love

en.
誰かが君を想ってる
Key of Love
P.S.


ライブの様子はフジ721で生放送された上、DVDとなって発売されるということ。
なので感想中心にレポってみまーす。


久しぶりに行く武道館。
アリーナ席だったんですが、ほとんど初めて足を踏み入れます。
アリーナと言っても真ん中より後ろ。ステージからの距離は、1階スタンド席の最前列と同じくらいでした。
建物の作りがまったく違うからなのか、単純に人数が多いからなのか、始まる前のざわめきの音さえ違ってきこえました。
続きを読む
posted by 末摘花 at 05:46| Comment(6) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

12/3 メリースノークリスマスライブ

横浜ランドマークプラザの大きなクリスマスツリーの下でSkoopのライブ。
所謂“降雪ライブ”です!
FM YOKOHAMAの公開生放送に引き続き…だったので、リハも完全公開です。
リハのsetlist(?)は…

好きにならずにいられない
The Christmas Song(ただし早回し・笑)
Ribbon In The Sky
White Christmas
happypeople(少しだけ)


本番のセットリストは↓

【setlist】
happypeople
The Christmas Song
〜This Christmas
sha la la
バラ色

En.
EverlastingLove


posted by 末摘花 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

11/13 Skoop On Somebody@MARU-CUBE

TOKYO FM presents Bright Christmas Special Live・・・東京・丸の内の丸ビル1階は5階まで吹き抜けになったMARU-CUBE。
ココに飾られたクリスマスツリーの点灯式から始まった3日連続で行われたSpecial Liveの最終日。
051113clubSOSセット.jpg


【SETLIST】
The Christmas Song
This Christmas
happypeople
もう一度夜をとめて
Sha la la
Everlasting Love


2時頃、3階を通り抜けようとするとなにやら聴こえてくる・・・見に行くとリハでした。
クリスマスソングとかで慣らしてたみたい?KO-HEYさんが立ち上がり、TAKEさんとともにリーダーの近くへ。
再びKO-HEYさんがカホンに座ると始まったのが『Superstition』。Stevieは今、旬ですわね〜(^^)
これがまた メチャメチャかっこいいんですよ。♪すぱぁーすてぃしょん〜のすぱぁーのところ、唸るように歌ったりもして、かーっこいい!
3階から見下ろしながら「うっひょ〜」と声をあげてしまいました。
一緒に行ったJさんが、たまたまオペラグラスを持っており、それをお借りしてじーーーーーっと。
2人してオペラグラスで見入る様子は、相当滑稽だったことでしょう(汗)
お隣に居合わせたお嬢様とお母様と言った感じのお二人に「どなたですか?藤井フミヤ?」と声をかけられ
「いえ、Skoop On Somebodyですよ!」「藤井フミヤさんは昨日やったみたいですよ」なんてお教えし、オペラグラスまでお貸ししてしまいましたね、Jさん。
あのお上品な親子はその後どうされたのでしょうかね?
それにしてもリハからすでにSkoopワールドに引きずり込まれてしまった〜♪


続きを読む
posted by 末摘花 at 03:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

6/12 SOS Live in Performance 2005 State Of Soul

S.O.SのオフィシャルFC『STATE OF SOUL』主催のライブ。
会員とそのお友達が集まった…というライブ。
予め「どんな企画をしてほしい?」「どんな曲を聴きたい?」というアンケートがあり、ファンの希望に応えてくれるライブ。
クリスマスライブ以来の本格的なライブです。待ち遠しかったよ。
去年の新木場でのライブも今日みたいに暑かった…などと思い出しながら会場に向かいました。

会場に入って思ったこと…男の人が増えたなぁ。それとも彼女に連れてこられた彼氏?
ステージの端に寄席のような看板。「らいぶ いん ぱふぉーまんす すていと おぶ そうる」
会場アナウンスまでもが遊んでる。かーなーりさぶいオヤジ系ギャグだらけ。ややシモネタ系ありぃの…
そんなアナウンスに紹介されてお囃子に乗って登場したのは『デビューして一ヶ月の新人漫才トリオ“すんません oh すんません”』
KO-HEYさんが赤ラメハッピ着て、手にはメニューみたいなファイルを持ち、TAKEさんが青ラメハッピに渦巻き眼鏡、KO-ICHIROさんが黄ラメハッピに手には扇子。
KO-HEYさん、挨拶からしてヤケクソ気味?今日はどんなライブになるのかファイル見ながらちょっぴり紹介。上方漫才風関西弁でもあり、「皆様のーっ希望にーっお答えしてーっ」って選挙演説風でもあったり。一生懸命喋るKO-HEYさんを尻目にTAKEさんはファイルに顔近づけるわ、KO-HEYさんの髪の生え際をいじっては「バレるやろ」と言わせたり。でもTAKEさんは一言も発せず、しれーっとしてる。KO-ICHIROさんは突然奇声をあげ…おかしな3人組!
やってほしいことアンケートに『トリオ漫才』と答えた人が一人いたんですって。まぁ!その一人はうれしいでしょうね〜(^^)

【SETLIST】
Soul'n Roll
線香花火
碧い雨
If
amanogawa(佐藤竹善version)
CRY ON YOUR SMILE(久保田利伸)
WHERE DO WE GO
〜club SOS〜
LATELY(Stevie Wonder)
メドレー 束縛→さよならのパスワード→夢のほとりで逢いましょう(松たかこさんにSOSが提供した曲)
明日は明日(川村結花さんから提供された新曲)
〜ここからはまたバンドで〜
Happy People(TAKEさん作の新曲)
Sunset SideSeat
8.13 Anniversary
Key of Love

〜謎の変な外人?バンド"State Of Soul"〜
PICK UP THE PIECES(Average White Band)
SexMachine(James Brown)
Celebration(KOOL & THE GANG)


ラメラメにテカったハッピを脱ぎ、KO-HEYさんとKO-ICHIROさんは上下とも黒(だったかな?)、TAKEさんは白いTシャツの上に黒いシャツを羽織って下はジーンズだったかな?いつもの3人って感じの衣装になって照明の落ちたステージに登場。
思いっきりオフザケの前説から一転して ライブのスタートは『Soul'n Roll』!
かーっこいい揺れるハート
リーダーのピアノといい、うねるベースにKO-HEY&ラムジーの激しいリズム。
待ってましたって感じるんるん
少しテンポアップした『線香花火』にちょっとキュンとしながら気持ちよく揺れ、次は『碧い雨』。
この曲は私もリクエストした聞きたかった曲。TAKEさんが「デビュー曲のカップリング」といった時、思わず「ヤッタァ」とガッツポーズ出ちゃいましたo(^-^)o
レゲエ調というか、TAKEさんオススメのkeahiwai(ハワイの女の子2人組)を思い出させるような感じで、暑い夏の日にサーッと降る雨みたいな・・・明るい雨。ハワイのスコールのようなな…。
TAKEさんの♪せーめて…の声が本当に切ない歌い出しの『If』。記憶にある『If』よりドラマティックだった。今度は雨に濡れた男の背中が切ないイメージ?知念さんのギターが泣いてました。
「今年ももうすぐこの季節がやってきます。石垣島の星祭りに行きます。行ける人はいっしょに行きましょう」みたいなTAKEさんのMCで始まったのが『amanogawa』。やはりみんなが聴きたい曲ばかりやってくれるので、いちいち「お〜♪」と歓声があがります。この曲のアレンジは彼らが兄貴と慕う佐藤竹善さんのバージョンでした。竹善さんのところではSALTさんが弾いてるピアノ。それをリスペクトするかのようなリーダーのピアノソロの音色がキレイでした。キラキラしてました。
兄貴つながり?で久保田利伸さんの『CRY ON YOUR SMILE』。久保田利伸トリビュートアルバムに入ってたけど、生で聴ける機会があるとは思ってもいませんでした。さすが「ファンの希望に応えるFCライブ」なだけあります。「熱く歌ってみたい」というTAKEさんのお言葉どおり、静かな中にもドラムがドラマティックに盛り上げてて、熱のこもった歌。コーラスがきれいだった。
続いて『WHERE DO WE GO』へ。この曲聴くとジンとしてしまう。彼らが歩む間に感じたWHERE DO WE GOという気持ち。そんな気持ちは誰にでもあるものだし…。胸がじゅわじゅわしました。3人で声を合わせて歌う部分も多くて、この曲を象徴してるな〜。

ここでKO-HEYさんがドラムセットから出てきてcajonに座りました。
club SOS。
「たくさんリクエストをいただいたので、なるべくたくさんの曲をやりたい」とのこと。
最初にリーダーのいい感じのピアノから始まった『Letely』。長めのピアノのイントロ。途中からcajonが加わり、TAKEさんの歌もどんどん盛り上がって…うーん 座ってじっくり聴きたいよ。
終わってKO-HEYさんが「あー緊張・・・」と。「3人でやる時はほとんど打ち合わせなし。○○やろうって言ったらそれだけですから。3人というのはミニマムなので、どうにでもできるけど、どうにでも良くもなるし、だめなこともある」みたいなことを、珍しくまじめに話をしてくれました。
一番たくさんリクエストがあった曲が『束縛』だそうで。TAKE「なぜそんなに聴きたいん?」というほど。リーダー「束縛ねぇ。。。束縛されたくはないよね」(そうね…私もイヤかな)
リーダーのピアノといい、KO-HEYさんのコーラスといい、キュンキュンしちゃう『束縛』。
もうちょっと聴きたいところだけど、メドレーで『さよならのパスワード』、そして意外にも『夢のほとりで逢いましょう』松たかこさんに提供した曲をセルフカバー・・・と続きました。
club SOS最後は「今の曲は僕らが松たかこさんに提供した曲ですが、今度は僕らが川村結花さんから提供してもらった曲です…(え?そんな曲あったっけ?)・・・言ってみれば新曲です!」ひゃ〜〜♪新曲聴けちゃうの!?うれぴ〜(^^♪
なんとまだレコーディングもしていないという。3人でやるから披露してもらえるのかもね〜。聴いていて、あったかい曲だなと思いました・・・シチューのような(^^ゞ
名残惜しいけど、club SOSはココまで。バンドの皆さんが戻っていらっしいました。

さあ、今度はな〜に?と思っていたら、またまた新曲!!(^^♪
TAKEさんが最近買ったギターをいじってるうちにできちゃった曲だそうです。なので(?)、SOS史上、もっともコードが少ないって(^_^;) いや〜わかりやすくていいじゃないですか〜『Happy Peaple』。
「覚えやすいから覚えた人からいっしょに歌ってください」って。とっても明るくて、サビの部分なんてみんなで歌うとゴスペルっぽい。確かに覚えやすい。歌ってしまいましたぁ〜(^^♪
TAKE「男子だけ」といったら野太い声が♪はっぴぃ ぴーぽ〜 って。TAKEさん「oh yeah」とお喜び(^^)
さて、またリクエスト曲に戻って『Sunset Sideseat』。これはまたまた・・・ハワイの海がお似合いね。
知念さんのアコギから始まり、ラムジーのポコポコという太鼓の音も心地よく『8.13 Anniversary』。
2曲続けて 彼女と海へ行き、彼は波乗り、彼女はそれを見ている・・・TAKEさんの恋愛模様シリーズ?ナンチッテあせあせ(飛び散る汗)
そして、おっと〜仕上げか?(汗)『Key of Love』
KO-ICHIRO「さっきも歌ってもらったけど、まだまだ・・・明日喉が使い物にならないくらい思い切り声を出して歌って欲しい。心をひとつに…」みたいなMC。
TAKEさんも今日ばかりは自分が歌わなくても大丈夫と思っているのか、頭からマイクを構えようともしない…こりゃ歌わないわけにはいきませぬ。そして皆さんさすがです、しどろもどろになることなく…。私も久しぶりだったにも関わらず、歌詞覚えてたし。全員で歌いましたね〜。やっぱりこんなところがSKOOPライブの真骨頂みたいな気もします。
最後にメンバー紹介があり、ちょこっとずつソロ。小松さんのソロはちょこっとではなく、 なにやらかっこいいフレーズを刻み始め、KO-HEYのドラムが乗っかり、ジャムりはじめたよ。カッコいいよ〜ハートたち(複数ハート)
そして「My brother!KO-HEY!」とTAKE。するとKO-HEYさん 振りかぶって思いっきりフロアタム(?)でドラムロール!だんだん顔が真っ赤になってくぅ〜〜!!うーー男前〜〜\(◎o◎)/!最後は男っぽくてステキでした(*^_^*)

一旦、ここで終了。もちろん、拍手は鳴り止まず。
やがて人影が現れ…前方はなんだかクスクス笑いが広がってる。
TAKEさんの叫びとともにステージが明るくなると、みんなアフロかぶってる〜変な外人になってる〜あせあせ(飛び散る汗)
曲はAverage White Band『Pick Up The Pieces』。
ずーっとしっとりしたライブだったのを一気にディスコ並に盛り上げる!
バンドメンバーのソロが順番に・・・みんな楽しそうにギュンギュンに盛り上がる。そんな中、リーダーが曲調もテンポも変えちゃったりして…それにリズムを合わせていくKO-HEYさん。
元の曲に戻ると・・・出ました!TAKEさんの「somebody scream!!」私はそういわれて叫ぶのが好きなのょ♪「いぇ〜〜〜〜!!」手(チョキ)
曲が終わると、さらに変なアフロさんが・・・北さんです。
「この人たちはSkoop On Somebodyさんではありません。この人たちはState Of Soulさんという人たちです」って。
ここからはまた企画モノ。3人とデートしてもらいましょうだって。
チケットの半券をクジにするようです。SKOOPさんに成り代わって?State Of Soulさんがクジ引き。KO-HEYさんは前に出てきました。「ではKO-HEYさんから・・・じゃなくてKO-HEYさんに代わって○○さん(違う名前言ってたけど聞こえなかった)から」…ドラムに座ってドラムロールをしてくじ引きを盛り上げるのはラムジー!
「男だったらどうすんの?」「男でもデート」「あ、そう?」なんて言いながらワイワイと。
選ばれた人はスタッフについてってください、このデートの模様はスクリーンに映して皆さんにも観ていただきますと・・・ん?どうするわけ?と若干の疑問。
まぁとにかく無事くじ引きが終わるとトテモ変な外人・北さんが「みすたー すてーとおぶそうる〜!」とベタベタな日本語英語を叫んで引っ込んでしまいました。
TAKE「来年からもこんなイベントやるけど、なんでもかんでも書くとこんなことになるからね〜」なんて喋ってると突然!
KO-HEYさんのカウント「1・2・3・4!」に続いてバンドがジャンジャンジャンジャン!・・・ところがTAKEさん「だめ。だめだめ」と。
もう一回「1・2・3・4!」ジャンジャンジャンジャン!・・・TAKE「だめ。そんなんじゃだめ」と。何度も。
早すぎてバラバラになると「今のよかったのに」なんて(笑)
何度目かの「1・2・3・4!」で本当に始まったのは『Sex Machine』。ディスコティックナイトの再来!?
なんともいえない笑っちゃうノリのまま、call&res&jump・jumpグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
熱く・暑くなってきたところで『Celebration』るんるん
ひゅぅう〜!と歓声が上がる。
踊っちゃった〜&歌っちゃった〜(^^ゞ
KO-HEYさんもズラが前にずれてくるのもかまわず、激しく・熱く・思い切り叩いてる〜♪

TAKEさん「We love ya〜」といってバイバイ。
KO-HEYさん、テンション最高に上がってるみたいで雄たけびあげて下がっていく。
ラムジーは左の方でスティックをお客さんに投げ、KO-HEYさんは右の方でタオル投げてた。めずらし〜(^^)

新曲『DOT TO THA DOT』が流れ、スクリーンが下りてきてFC会員の名前が流れていく・・・その背景は去年のハワイツアーのスナップ写真。
自分の名前や知ってる人の名前を探したいし、写真も見たいし・・・忙しかった(汗)
会員の名前が流れ終わると、さっきのデートの模様が・・・
KO-HEYさんは黄色いオープンカーのハンドルを握り、助手席には選ばれし彼女。
TAKEさんはハワイのような海辺・・・(ごめんなさい、本当はよく覚えてない・汗)。
リーダーと選ばれし方は囲碁を打ってました(笑)
なるほど、楽屋かどこかに背景のセットがあって、そこでデート風写真を撮ってるって感じみたいね。Skoopさん大忙しだわね。
で、オマケ映像が、衝撃の「オヤビンSEXY BATHTIME SHOT」たらーっ(汗)放送コードギリギリ?
全部流れ終わって拍手が湧く中、スクリーンに「SEE YOU NEXT TIME!12月26日 日本武道館」の文字・・・
「え”〜〜〜\(◎o◎)/!」の歓声、ざわめき・・・会場が明るくなり・・・あら、終わってしまいました。

続きを読む
posted by 末摘花 at 19:34| Comment(9) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

4/28 ROPPONGI GOLDEN NIGHT CLUB

J-WAVEゲームのHoliday Special「ROPPONGI GOLDEN NIGHT CLUB」公録に行ってまいりました。
この公録は完全招待制で、応募して当たらないと見られない…近頃めっきり運のない私は当然のごとくはずれたのですが、近頃めっきり運のいいお友達に拾ってもらって見に行くことができました。
招待状はあっても、席は全席自由、整理券は当日配布ということで、職場が六本木から遠いそのお友達に代わって、私がダッシュで駆けつけ、まあソコソコの席にて鑑賞いたしました。
この模様は5月5日18:00〜19:55に放送されますので、内容は内緒だけど、ちょっぴり雰囲気をお伝えしようかな。

会場は六本木ヒルズのはずれにあるハリウッドビューティプラザ5階にある「ハリウッドホール」
一面が大きな窓になっており、夜景が見えますぴかぴか(新しい)…といっても正面のレジデンスタワーには明かりがほとんどついておらず、左の方にある東京タワーはごく一部の人にしか見えなかったのじゃ〜そんな夜景を背にしたステージでした。
椅子もあったし、ドリンクバーでもらったビールビールを飲んでイイ気分で聴いてきました。

出演はbebe、古内東子、RICO、Skoop On Somebody、日比野玲。
日比野さんを除いて皆さん、スタンダードナンバーを2曲、オリジナルを1曲、計3曲ずつの演奏でした。

bebeさんは、着物を着たジャズシンガー。白地に虹がモチーフの大胆な柄のお着物でした。大胆といっても、縦に流れる虹色のふちがぼかしてあって、ちょっとアンティークな感じでした。ちょっと面白いしゃべり方なんです。その辺は放送で。

東子さんは白に金のラインが斜めに入ったような柄のマリリンモンロー風ワンピース。可愛いセクシーって感じ。あの独特の声を生で聴くのが今回のお目当てのひとつでもありました。

RICO…私は初めて知ったバンドです。ラテン晴れのバンドで、ボーカル・ギター・ピアノ・ドラム・パーカッション・トランペット・サックスという構成。陽気にサンバなど演奏。ミラーボールも回りましたぴかぴか(新しい)
普段はフロアでお客さんが踊ってるようなクラブで活動しているそうです。

そしてSkoop On Somebody揺れるハート
TAKEさんは黒?濃紺?の胸に模様があったような気がする…シャツにジーンズ。
KO-HEYさんは黒い半袖シャツにブラックジーンズ。黒ぶちメガネをして、髪の毛も真っ黒で前髪が長くて斜めにおろしてました。
KO-ICHIROさんは白いシャツに黒いパンツ。白シャツには襟のフチと前たてにグレーのステッチ模様が入ってたと思います。
演奏した曲名はここでは書きませんが、TAKEさんは白目をむいての熱唱、KO-ICHIROさんのピアノも存分に聴くことができ、KO-ICHIRO&KO-HEYのコーラスも、堪能できました。KO-HEYさんは、曲のアレンジの関係で1曲お休みの曲があり、その時はステージ後方の椅子に座っていました。
とても濃密な3曲ではあったのですが、もっと聴きたかったよ。。。もうやだ〜(悲しい顔)

最後に司会進行役の日比野玲さんがスタンダードを3曲披露。
日比野玲さんって、名前ではピンと来なかったけど、顔を見たら「あーこの人よく見る人だわね〜」っていう方です。MEN'S CLUBとかに出てるモデルさんじゃないかな〜???
なかなかオモロイ人でしたよ。

放送が楽しみです。


続きを読む
posted by 末摘花 at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。