アクセス解析
レンタル掲示板
LIVEに行こう♪: 20070221 Skoop On Somebody 10周年記念FCイベント@STUDIO COAST

2007年03月11日

20070221 Skoop On Somebody 10周年記念FCイベント@STUDIO COAST

めちゃめちゃ遅くなったから簡単に…
でもすっごく楽しくて幸せだったよ〜このイベント。

お友達に便乗して応募、結果 なかなかすばらしい整理番号をいただきました。
しかし、当日FC会員証を忘れた私。
仕事の帰りに一度家に帰ったら間に合わないので、事務局に問い合わせてみたら、一旦電話を切ってご検討くださり、受付に引き継ぐという丁寧な対応をしていただきました。(でもちょっと引継ぎできてなさそうだったけど、私としては結果おーらい)
会員証の確認など、なかなかキッチリした対応&誘導ですね〜amuseさん。これからは私もしっかりします。

アトランダムに渡されたチケットに書いてある席へ行くと超近い!
こんなに近いライブ、SKOOPじゃ3年ぶりか?
しかもKO-HEYサイドで、ワタクシうれしゅうございました。


さぁさぁ いよいよ10周年記念FCイベント
“おつかれさん北ちゃん! いらっしゃい池ちゃん!!”
がスタートです。

スクリーンに北ちゃん!
懐かしい、笑顔バージョンの北ちゃん。
SKOOPとの思い出を語ってます。
中でもハワイに行ったのが大変だったし、楽しかった〜って。
モコモコと着ていた上着を脱いで「これ!着てきたよ〜!」と
ハワイで制服のようにいつも着ていたアロハシャツを着てきてました。
あぁ、その姿、とっても懐かしいよ〜。

そして新マネ・池ちゃん登場〜!
とっても芸人風な兄さんでした。
そんな池ちゃんの紹介で、SKOOPの友達がニュージャージーからやってきて、ゲスト出演してくれるという…
登場したのは…やっぱり!State Of Soul♪
アフロヘアで、肌も黒く塗り、すっかり黒人になりきった(?)赤ラメジャケットのKO-HEYさん、紫ラメジャケットのKO-ICHIROさん。
最後に登場したTAKEさんったら、金ラメジャケットだけじゃなく、毛足の長い毛皮のロングコートまで!
訛りの強い英語(笑)の自己紹介を交え、JBのメドレーを一気に!
最初は、席が前過ぎたもんで遠慮がありましたが、最後は踊らせていただきました。

次はSKOOPを愛してくださってる諸先輩方からのVIDEOメッセージ。
SASの松田さん、鈴木まーちんさん、KC松尾さん、竹善さん。
それぞれの方が語るそれぞれのSKOOP像が興味深くもあり、これからも一緒によろしくね〜なメッセージが暖かくもあり…
そして10年を振り返り、デビュー曲から順に流れるPV。
時折笑いが起こり、時折ほ〜とため息が聞こえる客席。
それぞれの想いもありますわよね〜。
そして時折“WARNING!!”と披露される当時のエピソード。
聞いたことがある話がほとんどだったけど。
でも なんかね〜、こうして振り返るとジーンとしてしまいますね〜。
私が一番じーんとしたのは『最後の夜明け』なんです、実は。
意外?
ハワイで聴いたこの曲が忘れられないんです。

そんなこんなしてるところに池ちゃん再び登場。
そしてようやく!?主人公SKOOPも登場!
池ちゃんが苦労して編集したスウェーデン映像の上映会。
ステージ端に置かれた椅子に座って解説してくれる3人。
KO-HEYさんは「見える?見えへん?」とお客さんに気づかって床に座ってましたが、その姿を見てたら、きっと普段もビールか焼酎あたりを横にそんな風にしてテレビ見たりしてるんだろうな〜と思ってしまいました。

さーて お待ちかねのライブ。
クリスマスライブの時と同じように、KO-HEYさんはミニドラム&椅子はカホン。KO-ICHIROさんはキーボードを2台駆使。

【setlist】
春が来るまでに
潮騒
さよならが生まれた場所
バラ色
Key Of Love

カホンを叩く時、向きを変えたKO-HEYさんが、なんと思いっきり私の方に向いてる…きゃー☆お見合いみたいに真正面なんですけど〜(^^)揺れるハートしあわせ〜(笑)

参加応募時に募った「ライブで聴きたい曲」の上位の曲を中心に演奏してくれました。
『潮騒』は思いがけずしぶ〜いアレンジ。バックライトが似合う大人の雰囲気でした。
今回のFCイベントツアーは「同じ地続きで、みんなとつながってると感じたくて」車で移動したんだとか。
節約してるのか?という心配は要らなかったのねん(笑)
その楽しかった移動の話なんかも折りまぜつつ、事務所移籍&FCの再発足など、再出発にあたっての不安、これからの期待…いろいろ思うところもあった…そんな話をしながらの『さよならが生まれた場所』は沁みました。
リクエスト1位は『Key Of Love』
TAKEさん、声が辛そうだったけど、充分伝わってくる歌ぢからに感動☆
意外と歌詞を覚えてる自分にも感動(笑)

あっという間ではありましたが、とっても温かく、いいライブでした。
当然アンコールの拍手は鳴り止まず、そんな中、申し訳なさそうに現れた池ちゃん。
でも彼にはアンコールの拍手を喜びの拍手に変えてしまうネタがあった…メンバーとの握手☆
「地続きでつながってるって車で移動して確認するだけじゃ…ってことで皆さんと握手して送りたい」って趣旨だそう。
サプライズに大喜びする反面、「大丈夫?」と心配も。
この日、1300人位の人数が集まってたのに…腱鞘炎になりはしないかとか、待ち時間も相当あるなとか・・・。
でも後方の方から順に誘導されていく間、池ちゃん大活躍!
TAKEさんの譜面台に置かれたファイルを見ながら、100曲近くなったリクエスト曲を下位から全部発表。
池ちゃんったら読み方がおぼつかない曲名もありましたね〜
担当アーティストの曲名は覚えてね〜これ、ファンからの宿題ってことで(笑)
でも読み上げてくだけじゃ手持ち無沙汰。
そこに今度は池ちゃんにサプライズ!
どこからともなく「『さよならが生まれた場所』を歌え」指示が!
池ちゃん、ものすごく慌てるが、容赦なく流れるイントロ。
慌てながらもファイルをめくって歌詞を探してる模様。
イントロが終わるとガッツリ歌いだす姿はさすが関西人!
結構イイ感じに歌ってましたよ〜(^^)
元ミュージシャンだって〜ナットク。

ついに私たちが誘導される番がやってきましたが、
池ちゃんの場つなぎトークが名残惜しくさえありました。
すでにかなりの人数(多分1000人位こなしてたと思う)と握手して疲れてきてると思うのに、満面の笑み&しっかりした握手をしていただき、思わず「ついていきます!」と宣言したら「おー!ついてきて!」と返してくれたKO-HEYさん。
にっこり微笑み返しのリーダー。
友達とともにアホなネタ振ってるのに「え〜ほんまに?」などと答えてくれたTAKEさん。
ほんまにありがとうございましたm(__)m

10周年 おめでとう〜〜〜♪

posted by 末摘花 at 00:25| Comment(2) | TrackBack(1) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>きゃー☆お見合いみたいに真正面
で大爆笑;ゴメンナサイ(笑)
いやいや、KO-HEYさんサイドでホントよかったですね〜(^^)
私もTAKEさん よぉ見えました(*^^*)
Posted by jam at 2007年03月11日 02:18
最高のお席を引き当てて下さってありがとうございました!
笑われようがぜーんぜんかまいまへん。
近いし、真っ正面だし、今までで最高の席でした☆
Posted by 花☆ at 2007年03月11日 02:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジャージーがすごくよかった
Excerpt: 注文してすぐ届けてもらえるので、助かってます。値段も上下買えば無料ですし、また利用したいです。今回はお届け日を後からメールでお願いしましたが、すぐ対応していただけました。ありがとうございます。子供もと..
Weblog: ジャケットがいいと思う
Tracked: 2007-07-28 09:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。