アクセス解析
レンタル掲示板
LIVEに行こう♪: PHONES『SOUL ON THE STREET』ワンマンライブ

2005年04月19日

PHONES『SOUL ON THE STREET』ワンマンライブ

4月5日札幌を皮切りに、大阪・名古屋と回ってきたツアーのファイナル。
16日、渋谷QUATTROのライブに行ってきました。
メジャーデビューして3回目のワンマン。
私にとっても3回目の参加になります。
過去の2回よりも大きな会場でやるということで、
埋まるのかなぁ…と失礼な心配なんてしてしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
なんのなんの、ギッシリ埋まっておりました!
開場から開演まで1時間もあり、相当待ちましたが、
定刻になり、ステージ上に人影が現れ…沸く会場。
いよいよファイナルのスタートですexclamation

照明が落とされ、空気が一気に高揚していく中、
街のザワメキ、ストリートで演奏してきた曲達がフラッシュバック…

パッひらめきと明るくなったステージにはメンバー勢ぞろい。
オッと目を引いたのが、金のペラペラしたベストを着ているけーすけさん!
「災害用持出袋から持ってきちゃった?」って感じのペラペラの金色の…アルミ箔みたいがく〜(落胆した顔)
けんぼーは白っぽいTシャツ&白パンツにピンク・ブルー・グリーンなどの花のような柄シャツを羽織って。
岳ちゃんは黒いタンクトップに金髪が逆立ってた。
サポートはコーラスのMARUさん、ピアノの小野塚晃さんとキーボード&サックスの浦清英さん。
小野塚さんは、QUATTROの悪名高き柱が邪魔して私の位置からは見えなかったもうやだ〜(悲しい顔)
なんとかしてほしいな、あの柱。>QUATTROさん!
舞台袖に下がる時にチラッと見えた小野塚さんのシャツはレンガ色かエンジ色っぽかった。
浦さんはエンジ色のシャツ。

『Destiny』で、グリグリにダンサブルに始まった。けーすけくんのベースがかっくいい!
けんぼーも飛ばしてます!私たちも体が動き出す。 
次は『昨日の夢』。昔から人気のある渋い曲が、ちょっとラテンのかほりにアレンジされ、気持ちよく揺れる。 
その勢いにのって『Flavor of love』!え?まだ序盤よ…!?もうやっちゃうんだ…最新シングル。
この曲の特徴であるセピア色なホーンの音ははオケを使用。
イントロの岳ちゃんのドラムがカッコいい!

ここで一息、けんぼーのMC。
内容は忘れちゃったけどグイグイ引っ張ってくれるような男っぽいけんぼーでした。
『Holiday』・・・ライブの勢いが乗り移ったみたい。
『Feel so lonely』・・・おー久々に聞くなぁ。
ストリートでこの曲を演奏すると人々の「立ち止まり率」が高くなるという曲。
Jazz風にアレンジされ、以前よりダンディになってた。

けんぼーが次の曲を紹介。「オオカミのゆうもく…」噛んじゃった(笑)ずっと男前なMCしてにたのにね。でも立直り早くなったねぇ。
『告白』。それまでと一転してしっとりと歌い上げる。
このあとしばらくしっとり。バラードコーナー。
『friends』インディーズ1枚目のミニアルバムに収録されたこの曲。PHONESに出会った頃よく聞いた。
HipでHopなものばかりがBlackMusicじゃない。 
『夜風』バラードコーナーの仕上げとばかり、切なーく…。 

けーすけさんのMC。衣装の金色ベストにお客さんは突っ込む、突っ込むわーい(嬉しい顔)
けんぼーが「楽屋ではマツケンサンバと言われて。でももう言わないで!あんまり言うと着ないって言うから」って。
いつもゆるーいオシャベリのけーすけさんが、キレのいい口調で・・・
「このツアーでは毎回一曲カバーをやってきた。今日はファイナルということで、ただのカバーじゃない。3人が出会って、初めて音を合わせた曲だ」とのこと。
けんぼー「ちっちゃなバーで二人が演奏してるところに、飛び入りで歌ったんだよね」
ベースとドラムしかいない中で歌ったらしい。
それを再現するかのようにベースとドラムに乗せてけんぼーが歌う『Feel Like Makin' Love』
うわ、難しそう。。。途中から小野塚さんのピアノが入り、ちょっとホッとしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
そのまま『Family』に突入。「みんなー!ピースできるか〜?片手じゃないで〜両手やで〜!」
けんぼーは腕をぐるんぐるん3回まわしてピース!お客さんのピースもゆれるゆれる。

さて、大いに盛り上がった中、岳ちゃんのMCの番です。
岳ちゃんもいつもの不思議系キャラは残しつつも、シャベリ口調は歯切れ良くて、
ノッてるのがよくわかる。
でもその横でけーすけさんがウッドベースに持ちかえると
会場の視線はどーっとけーすけさんにいってしまうわけで…
みんな待ってたけーすけさんのウッドベース。
「また俺のMCがけーすけのウッドベースに負けた・・・2回目だ・・・」としょげる岳ちゃん。
次の曲は岳ちゃん作詞作曲の『五線紙の上に』
「今日はボサノバ Verで行こう!」と岳ちゃん。 
小野塚さんのピアノとウッドベース、軽やかなボサノバのリズムを刻むドラム。
CDで聞くのとは一味変わっていた。見直しました、この曲。
『Lovers in the city』…ひゃあ〜これまた懐かしい!メジャーデビューの1枚目に入ってた曲。
ウッドベースがうねる、ちょっと怪しいような、夜の匂いのする曲。
それが今日はますますJazzyに磨かれてました。

けんぼー「これから僕はみんなをいっぺんに愛します!」なんだか大胆発言っぽく・・・
「そんなこと、淫らだと思わない?」という挑発的にいうけんぼー。
『Black Coffee』!この曲、だーい好き!!
ウッドベースが欠かせない。
そして歌詞はもちろん、音にもストーリー性があって、思わずニヤリとしてしまう曲。
すっごい盛り上がった。各パートのソロもあり!これがまたカッコいい!!
けーすけさんのソロは、CDどおりだったけど、ウッドベースのソロを生で聴けたことが貴重!
岳ちゃんの緻密だけど勢いのあるドラムがまた・・・!ん〜〜たまりませんっ揺れるハート
そしてけんぼーのファルセットがささやく・・・本当にこの曲は思う存分PHONESを堪能できる曲です。
けーすけさんはエレキベースに持ち替え『In your hands』で渋く、でも盛り上がっちゃう。 
『小窓FUNK』でアゲテアゲテ〜グッド(上向き矢印)→「いくぞ〜! ♪WOW WOW WOW Yeah!」と『Your Smile』へ。
いや〜楽しい!
春らしく、明るく、Happyな曲に自然と笑顔があふれ、体が動く。ジャンプジャンプ!! 
そして、きたーっ!『GIVIN’ YOU MY LOVE』!!やっぱりこの曲カッコいい!
メジャーデビューミニアルバムのメイン曲でもあり、インディーズ1枚目にも入ってるこの曲、
PHONESの一歩目を思わせるな〜。 
けんぼー「みんな、僕らの愛を受け取ってくれ!」といい、
歌い終わりのLOVE♪は「LOVE!LOVE!LOVE!」と3回。

鳴り止まないよ〜拍手。
モリモリ盛り上がったもーん!
やがてツアーTシャツに着替えて登場。 
アンコールは、まず『8mmフィルムに映る終わることのないドラマ』
けんぼー「最後は楽しく。僕の、今4歳になる妹が生まれた時を思って作った曲」『Sister』
Beautiful〜そのまま〜come on,baby♪
「みんなそれぞれビューティフルな部分持ってる。その部分はそのままで・・・」というけんぼーのメッセージ。
すごーくうまーく、ライブの締めくくりをしてくれたような、そんな『Sister』でした。

会場内には『別れの時間』が流れ、余韻を残しつつツアーファイナルは終わりました。  
PHONESはやっぱりLIVEがいい!
普段からストリートライブや、ライブハウスでのイベントライブをいっぱいやってるけど、バンドの構成から、どうしてもPCを置いて、オケを流しながらというスタイル。
これを特徴としてやってるようなところもあるけど、やはり生身の音は違う。
PHONESは、小野塚さん&浦さんという実力ある二人にサポートされて幸せだ!
浦さんはミスチルのサポートで有名。スキマスイッチのサポートもしてる。
なんといってもその演奏振りにはどーしても目が行く目
指に伝える感情を顔でも表現しちゃってるような。
小野塚さんはB'Zのサポートなどされてた方で、現在DIMENTIONSというフュージョン系のバンドのメンバー。
PHONESは、準メンバーのように固定されたピアノのサポートを抱えたらいいのに…と思う。
小野塚さんや浦さんみたいに凄い人じゃなくても、イイ感じのピアノを弾く人はいると思う。
そうすればいつでも、正真正銘、生でLIVEできるのに。
それと、今回はけーすけさんの口が、たまにコーラスを歌ってるように動いてたんだけど、ちゃんとコーラスを歌えばいいのにな…。
ものすごくうまくなくても、けんぼーの声とうまく響きあえば、一層魅力が増すと思うんだけどな。
MARUさんは、前回のワンマンでもコーラスで参加してたけど、前回よりプロっぽくなったというかうまくなったな〜って思いました、エラそうに言っちゃうけど。
でも彼女はやはり、いざという時のサポートでいいと思うの。
けーすけさんと岳ちゃんにハモッてほしいよ〜ダッシュ(走り出すさま)
posted by 末摘花 at 04:53| Comment(2) | TrackBack(1) | PHONES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってたよ〜みかりんのレポ!
いつも感心するけどよく覚えてるよね〜?!
私なんか弾ければ弾けるほど
盛り上がれば盛り上がるほど
セットリスト覚えてないわ・・・汗。

でも今回のライブはほんとすごかった。
公式でもみんな書いてたけど
音か映像残してほしいなぁ〜
私なんか1回しか参加できなかったから
ほんとお願いしたいわ!

ワンマン行くまでは
今回のシングルもっとブレイクすると思ってたのに
あんまりやったし
ワンマンもお客さんはいるかな〜とか
正直落ち込んでて不安でいっぱいやってんけど
そんなんどうでもよくなったというか
PHONESはほんとに素晴らしいバンドで
かっこいい音で私たちファンをぐいぐい引っ張っていってくれた。
それでいいやん!!!って。
きっといつか(そう遠くない将来)
みんなわかってくれる時がくるはず!!
って確信できたLIVEでした☆


私の次のPHONESは CASH BOXなんやけど
どんな音&パフォーマンスをみせてくれるかめっちゃ楽しみ♪

ついつい熱く語ってしまった
長々とごめんよ〜(^^;)
Posted by miki☆ at 2005年04月20日 12:59
語っておくれよ、熱く・熱く!
やっぱり生のライブはいいよね!生にこだわって欲しいな。
彼らが楽しんでるとこっちまで楽しくなるし。
CASH、弾けてきてちょーだい!そしてお話聞かせてね〜
Posted by みかりん☆ at 2005年04月22日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

いってきました??
Excerpt: 行ってきました!PHONESライブ。soul on the street 2005 @クアトロ ツアーファイナルでございます!ひょーぅ!(←興奮気味) 昨日みた全てが、私にとって最高にスペシャルな..
Weblog: OREO☆BLOG
Tracked: 2005-04-20 11:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。