アクセス解析
レンタル掲示板
LIVEに行こう♪: 20061029 YOTSUYA TAKAHIRO@荻窪velvet sun

2006年10月30日

20061029 YOTSUYA TAKAHIRO@荻窪velvet sun

MITOくんの派手なライブの後、YOTSUYAくんのアコースティックなライブを観てきました。
2人のギター弾き語りのアーティストが出演し、最後にグランドピアノでYOTSUYAくんのライブスタートです。

【setlist】
Beautiful Air
強くつないで
ポケットの中身は
音色
話の続き
前を向いて
君の周りが晴れてるように


061029YOTSUYATAKAHIRO@velvetsun.jpg

聴くたびに進化を感じるので、毎回新鮮な気持ちで聴けるアーティストです。
最初2曲は、今までのイメージ通りで進んでいましたが、『ポケットの中身は』が始まった瞬間「あ、変わった!」と驚くとともに「いいな」と。
スタッカートな入りで、軽快なイメージに変身。
そして次の『音色』は力強さがあり、そのコントラストがライブのいいアクセントになってるような気がした。

今度リリースされるアルバムの話。
「やっと発売できることになりました!」と。
そして、このアルバムに込めた思いを丁寧に言葉を選びながら話す様子に、なんだかじーんときてしまいました。
「これから頑張るぞ」という思い、その時々の気持ちに沿うような歌を歌いたいという気持ち、いろんな思いを込めて完成したアルバムなんだという。
そしてその中に収められた唯一の弾き語りの曲、『話の続き』。
「こんな曲入れてもいいですか?」と歌ってみせたのを録音してあったと言ってたようだった。
それが収められたのかな?
初めて聴いたのですが、とってもシンプルで、歌う彼の気持ちのテンポをそのまま表現したような感じでした。
短めのしっとりした曲ですが、これはすごく落ち込んだ時に書いた曲だそうで「皆さんも落ち込んだ時にでも聴いてください」なんて言ってました。

こんなにそぼ降る雨のようなしっとりした曲の次は、歯切れ良いピアノが印象的な『前を向いて』。
地声から裏声へのつながりがスムーズで伸びやか。力強く歌いあげるフェイクが迫るよう。
再びしっとりと『君の周りが晴れてるように』。すごく大事に歌ってる印象で、すっと胸に入り込んでくるようだった。

録音したライブ音源を聴いて、各曲にメリハリのようなものをつけたいと思ってやってみたって言ってましたが、
『ポケットの中身は』のアレンジを変え、『話の続き』を入れたことで、ライブにアクセントがついたし、
各曲一粒一粒の輪郭がくっきりしたと感じました。


共演の方の一人はTakagi416号という変わったお名前の男性ひとりのギター弾き語りアーティスト。
すっきりまとまった顔立ちで背が高く、声はポルノグラフィティのVo.にちょっと似てるような気がしました。
YOTSUYAくんのお友達だそうです。
もう一人はさとうひろこさんというギター弾き語りの女性アーティスト。
右足に鈴をつけてたけど、あまり効果は出てなかったような・・・もっと使い方があるような気もしました。
細い体とキュートな顔立ちからは想像できない力強いハスキーボイスの持ち主でした。
高い声も素晴らしかった。
そして驚いたことに、この方、MITOくんとご縁のある方でした。
しかも彼女のHPのURLは「hiroko310.com」だそうで・・・
「310」の争奪戦勃発!?(笑)
posted by 末摘花 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(2) | Yotsuya Takahiro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ボイストレーニングで声の深さを知ろう
Excerpt: 本物のボーカリスト、欧米の歌う手などは声の深さが違います。 声の深さというのは、初心者にとってはすごく分かりにくい表現ですので解説していきましょう。 日本人の話し声 日本人が普段会話に使う声は発音..
Weblog: ボイストレーニング!解決ボイストレーニング方法
Tracked: 2006-10-30 23:19

ヤマハギターCJシリーズの旧製品一覧
Excerpt: ヤマハギターCJシリーズのボディスタイルはカントリージャンボ。 旧製品一覧をお知らせします。 生産時期が古いものですから残っているこのシリーズのギターで弾き込まれているものは期待したいですね。 年代も..
Weblog: アコースティックギター選びのノウハウ
Tracked: 2006-10-30 23:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。