アクセス解析
レンタル掲示板
LIVEに行こう♪: 2005 12/26 Skoop On Somebodyクリスマスライブ@武道館

2006年01月02日

2005 12/26 Skoop On Somebodyクリスマスライブ@武道館

8月にチケットを入手してから、本当に長かった。。。
やっと、この日が来ました。
期待と不安が半々&世の中はクリスマスの飾りを片付けていてもなお、クリスマス気分をキープして武道館にむかったのでした。
051226Skoop@武道館.jpg

【setlist】
祈り
around the world
This Christmas
eternal snow
Sounds of Snow
sha la la
キミノユメヨカナエ
時計 (club S.O.S.)
ama-oto (club S.O.S.)
もう一度夜をとめて (club S.O.S.)
My Hometown
soul river
バラ色
happypeople〜Oh Happy Day
街に愛があふれて・・・
Everlasting Love

en.
誰かが君を想ってる
Key of Love
P.S.


ライブの様子はフジ721で生放送された上、DVDとなって発売されるということ。
なので感想中心にレポってみまーす。


久しぶりに行く武道館。
アリーナ席だったんですが、ほとんど初めて足を踏み入れます。
アリーナと言っても真ん中より後ろ。ステージからの距離は、1階スタンド席の最前列と同じくらいでした。
建物の作りがまったく違うからなのか、単純に人数が多いからなのか、始まる前のざわめきの音さえ違ってきこえました。
白いやわらかいカーテンのような幕がかかったステージ。
「もうすぐ始まるよ〜」なアナウンスが流れても明るいまま。
でもオルガンのような音が聞こえてきたなぁと思ってたらパッと暗くなり、次の瞬間ステージに光が集まってTAKEさんのアカペラの歌声…
ん?と一瞬探しちゃいましたが、あれ、あんな高いところにいる〜なんて見上げてしまいました(^^ゞ
『祈り』のTAKEさんの熱唱、一曲目からトリハダ立ちました。
すごく厳かな気分でいたら、次は『around the world』!おーっと乗り遅れそうになちゃった;でもやっぱりこの曲カッコイイ!
続くFUNKYなリズムに「お!?あのファンキーなJingleBellsか?」と思ってたら『This Christmas』だったのにはビックリ。
いつも甘く聴かせてくれるクリスマスソングが新鮮に聴こえました。
「メリークリスマス!」と声をかけるTAKEさんに応える会場の声はいつもより小さいような…お客さんの方が武道館という場所に圧倒されてたのかしら。
冷たい雪の歌なのに、なんだかあったかい『eternal snow』『Sounds of snow』の2曲、『sha la la』と続き、特に『sha la la』はみーんな歌ってるみたいで気持ちがいい。
温まったところでしっとりと『キミノユメカナエ』
短いはずの曲に続編ができていたのにはビックリ。シンプルな伴奏に3人のハーモニー。楽器はお休みしてコーラスに専念する2人と丁寧に歌うTAKEさん。すごく心のこもった感じがして素敵でした。じーんときました。
ポンとスポットがKO-HEYさんにあたり、ドラムセットから出てきました。
KO-HEYおもしろトークコーナー復活か!?と思いましたが、喋りながらステージ下手に移動。
「2000年に改名した頃を3人だけで演奏してた。その頃から このまま武道館に行けたら面白いね と言ってた」…そんな話をしながら下手に組まれたサブステージでclub SOSのセットで3曲披露。
まずは『時計』。イントロが流れた時、男性の「お〜〜〜〜」という歓声が。
私は『ama-oto』で泣きそうになりました。凄く良かった。3人それぞれが一心不乱に歌い、演奏してた。
KO-ICHIROさんが感慨深げに「あの頃はお客さんがスタッフだけってこともあったのに、こんなに大勢の人に聴いてもらえるようになった」と話しているのを聞いてると「やはり武道館ライブはこの3人の目標だったんだな」と思いました。
ホーンセクションが効いた『MY HOMETOWN』、故郷を思って歌ってるような『Soul River』。
以前大阪に行ったことを思い出しながら聞きました。
そして「大事な曲」という『バラ色』!
やっぱりこの曲ははずして欲しくないです!でも「scream!」がなかったのが寂しかった…「きゃーーーー!」って叫びたかったなぁ、武道館で(笑)
『happypeople』もCDとはアレンジが違い、私はこの方が好き♪やがてかすかに「oh happyday♪」のコーラスが聞こえ始め、いよいよクワイヤーの登場!
アッパーなゴスペル、いいなぁ!
『街に愛があふれて』では条件反射なのか思わず一緒に歌ってしまいます。
TAKEさん、一生懸命語ってくれようとしましたが、もう歌を聞けばそんなの伝わるよ…そんな風に思える『Everlasting Love』
クワイヤーを、お客さんを、グイグイ引っ張るTAKEさんのリードはカッコよかった!
そしてKO-HEYさんのドラムの熱いこと!しびれます!
KO-ICHIROさんのピアノを弾く姿にも熱く湧き出るものを感じました。
でも…最後のクワイヤーの各パートが時間差でハモるところ…ソプラノとテナーが弱かったのが残念;

まだ聞いてない曲があるぞ〜クワイヤーがいる時にこそ聴きたい『誰かが君を想ってる』
やはりアンコールでやってくれました。
そして『Key Of Love』も。
クワイヤー入りで聴くと一味違います。
最後は3人だけで『p.s.』。アルバムKEY OF LOVEの中のinterludeとして収められた曲を、こうして生で聴けるとは。
それまでの大人数のコーラスと打って変わって、3人だけのハーモニー。マイク一本に向かって渾身の歌。
会場中、しんと静まり返って聞き入っていました。

盛りだくさんな内容に反して、演出はいたってシンプル。トークも少なめ。
彼らの音楽をじっくり聞かせてくれようとするライブだったと思います。
そんなところはとても彼ららしい。
でもSkoopライブのお楽しみには、3人の雑談の延長のようなオシャベリやアホになって音楽を楽しむメドレーもあるけれど、今回はそれが影を潜めていたように思います。
それは武道館ライブという、今まで目標としてきたことが叶った感激がそうさせたのでしょうか。
私は、彼らの音を、vibeを生で感じられることが幸せだから…場所はどこでもいいけどな。
またライブで聴ける日を楽しみにしています、Skoopさん♪
posted by 末摘花 at 05:46| Comment(6) | TrackBack(0) | Skoop On Somebody | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まってましたぁ〜(>_<)
感動レポ!Skoopさんたちの想いがたっぷり詰まったライブだったんですね〜
いきたかったなぁー!!
私も『around the world』大好きですよ〜♪
今度はぜひ!私も参加したいです!
Posted by anna at 2006年01月02日 18:35
2月にアルバム発売ってことなので、ツアーがあるのではないかと…
でも3月頭はハワイ行くらしいので、その後なのかな〜
そしたら行こうね〜♪
Posted by 花☆ at 2006年01月03日 00:12
あたしゃあのama-otoだけで十分です。
漫談ナシ、あほあほメドレーなしのSKOOP なんだか新鮮でした;(笑)
Posted by jam at 2006年01月03日 23:49
あのama-otoは最高でしたね!
あれがイチバンでした…
club SOSって好きなんですよね〜私。
Posted by 花☆ at 2006年01月04日 00:00
うお〜ぅ!アルバム引っさげてのライブ!是非!!
個人的にはアホアホなメドレーと漫談はぜひ食らいついて帰りたいです(爆)
Posted by anna at 2006年01月04日 01:16
やっぱりアルバム引っさげてのツアーは一層ワクワクする…のかなぁ。
ってかまだツアーの話はなんにも出てませんが〜あると信じて…
3月にDVD出てからかしら。
Posted by 花☆ at 2006年01月04日 01:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。